悪徳クレカ現金化業者の詐欺の手口を徹底解説

クレカ現金化業者の中には、残念ながら少なからずなく悪徳業者は存在する。

これに関しては金融業者でもそうだし、クレカ現金化業者だけに限ったワケではない。

しかし、それらの悪徳なクレカ現金化業者の「詐欺手口」を事前に知っておけば、騙される確率は格段に下がる。

ここでは、クレカ現金化業界の「悪徳業者の詐欺手口」について詳しくご紹介していこう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

契約後に「手数料の上乗せ」や「換金率の引き下げ」をしてくる

悪徳クレカ現金化の詐欺手口で多いのが、「契約後、最初に言っていた手数料とは違う金額」を提示してくるケースだ。

特に「手数料の上乗せ」や「換金率の引き下げ」などは、よくあるパターンだ。

手数料の上乗せは「最初に言っていた手数料」と違う金額を、難癖をつけて取られてしまう場合である。

「土日挟んだので、休日出勤分の手数料」「カード会社の種類が特殊なので、特別決済手数料」など、通常ではありえない言い分を言ってくる場合がほとんど。

上記の場合は「クレカ現金化をした場合の手数料」として取られるものだが、「換金率」を下げられてしまう場合もある。

例えば、「最初に言った換金率は●●が含まれていないもので、実際にそれを含むとこの金額になる」などと、後付けで言ってくるのだ。

要は、悪徳業者側が「とにかく払う金額を抑えたいため」に、このような詐欺手口を使ってくるのである。

そして、これをクレカ決済後(クレカ現金化後)に言ってくるので、非常にタチが悪い。

ちなみに、「ぜんぜん最初に言っていたのと違う!」と問いただすと、「様々な諸経費などがかかるため、最終的にはそうなるんです」と、「謎の理由」を言ってきて、話を聞いてもらえないことがほとんどだ。

多くの場合、利用者側は泣き寝入りをしなくてはならないのだ。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

キャンセルしようとすると法外なキャンセル料を取られる

仮にアナタが「クレカ現金化はやっぱり危なそう」「この業者はなんか怪しい」…そう感じ、キャンセルを申し出たとしよう。

その際に、悪質な詐欺業者だと「法外なキャンセル料」を請求してくる場合がある。

「キャンセル料10万円です」など、一般的には信じがたい金額を平気で要求してくるのだ。

これを断れば、「クレカ現金化しようとしていたことを、あなたの使ってるカード会社に連絡しますよ」などと脅してくることもある。

これをされてしまうと、利用者はクレジットカードを利用停止にされてしまうので、泣き寝入りしなければならないことが多い。

ちなみに、通常の優良クレカ現金化業者の場合は、キャンセル料は基本かからないところがほとんどだ。

悪徳クレカ現金化業者は、利用したら最後、なにがなんでもお金をむしり取る方法を考えているので、キャンセルでもお金を請求されてしまう。

とにかく、悪徳クレカ現金化業者は、利用しないように気をつけるしかないだろう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

クレジットカードを不正利用されてしまう

クレカ現金化をする場合、「クレカのセキュリティコード」は、業者側に教える必要ない。

なぜなら、クレカ決済をするのは「クレカ所有者であるアナタ」だからだ。

しかし悪徳業者の場合、クレカの「セキュリティコード」や「クレジットカードのコピー」を求めてくる場合がある。

これを教えてしまうと、クレカを不正利用されてしまったり、闇組織に転売されてしまうことがあるので注意しよう。

「クレカ不正利用を目的とした悪徳詐欺グループ」が、クレカ現金化業者を偽って運営していることも、少なからずあるのだ。

コピーされたクレジットカードなどは不正利用されて、利用した覚えのない請求額が翌月に届き、借金が膨れ上がってしまうこともある。

なので、クレカの情報を全部引き出そうとしてくるクレカ業者は、基本、悪徳詐欺グループだと思っていい。

また、決済も「クレカ現金化業者が行う」と言ってきた場合も注意が必要だ。

クレカ現金化は、基本的には「クレジットカードの所有者(つまりアナタ)」がクレカ決済しなければ成り立たない。

なのに、クレカ現金化業者がクレカ決済しようとしてきた場合、明らかにおかしいのだ。

このように、必要以上の情報を、クレカ現金化業者側が要求してきたら、ほぼほぼ悪徳詐欺業者だと思ってよいだろう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

闇金融に個人情報を売られてしまう

悪徳クレカ現金化業者の中には、おおもとの会社が「闇金業者」と繋がっている怪しい業者も中にはある。

クレカ情報以外に、もし「アナタの年収」や「アナタの家族構成」まで聞いてくる場合、個人情報をヤミ金に売ろうとしている可能性が高い。

個人情報を手に入れることで、それをリスト化し、闇金などに売りさばき利益を得ているのだ。

「そんなもの売れるの?」と思うかもしれないが、闇金融は「お金に困っている人」のリストはノドから手が出るほど欲しいため、高額で売買される。

そもそも、「アナタの年収」や「アナタの家族構成」は、クレカ現金化を行う上では一切関係がない。

もし業者側が、アナタの年収などの個人情報を聞き出してきた場合、悪徳業者の確率が非常に高いだろう。

クレカ現金化をしようとする人は「お金に困っている人」が多い。

そこに付けこんで、クレカ現金化より良い条件を提示し「詐欺」を働こうとする手口なのだ。

申込む際に「個人情報の記入欄」で年収・住まい・自分以外の家族構成があった場合、速やかに利用するのをやめておこう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

そもそもクレカ現金化業者を装ったヤミ金だった

悪徳クレカ現金化業者が、そもそも「クレカ現金化業者を装った闇金」というパターンもある。

「クレカ現金化なんかより、いっぱい借りれるよ」「ブラックでも多重債務者でもOK」などと言われ、クレカ現金化をしに行ったつもりが闇金融に誘導される流れだ。

確かにお金は借りれるかもしれないが、もちろん法外金利を取られて、さらに借金が膨らむことは明確だ。

返済ができなければ、最悪、海外で臓器を売るハメになるぞ。

闇金は金利が異常に高いし、クレカ現金化とは全くの別物なので、どんなに誘導されても手は出さないように。

「限度額を上げられる」といわれ登録料をだまし取られる

クレカ現金化は「クレカのショッピング枠の限度額内で買い物をし、それを業者に買い取ってもらうこと」で現金を手に入れられるシステムだ。

しかし、ショッピング枠の限度額がいっぱいであれば、クレカ現金化は行うことはできない。

そんな弱みを付けこみ、悪徳クレカ現金化業者の中には「実はウチでは、登録料5万円を払ってもらえればショッピング枠の限度額を上げられるんですよ」と言ってくる場合がある。

しかし、実際には限度額が上がることはなく、5万円の登録料を騙し取られるだけだ。

そもそも「クレカの限度額」というのは、クレジットカード会社が決めているのものであり、クレカ現金化業者が限度額を上げることは不可能である。

具体的な手口としては、初回のクレカ現金化は問題なく行うことができ、まずそこで利用者を信頼させる。

そして、2回目以降にその利用者が現金化する場合に、限度額を上げれる話を提案してくるパターンだ。

「一度、正規に現金化ができることで安心させてから騙す」という、非常に悪質極まりないやり口である。

入金を分割払いにされ、最初しか入金されず逃げられる

クレカ現金化の悪徳手口には、非常に巧妙なものも存在する。

それは、クレカ現金化の利用者への入金を「分割払い」にしてくる手口だ。

具体的には、最初の1回目の分割払いは入金されるが、2回目から入金されず、トンズラされてしまうパターンだ。

ちなみに「分割払い」といいつつ、一回も入金されない最悪なパターンもある。

そもそも優良なクレカ現金化業者で、分割払いで入金してくるところは、まずない。

入金を分割払いにしてくる時点でおかしいのだ。

もし仮に「分割払いで入金します」と言い出したら、悪徳詐欺業者の可能性が高いので注意しよう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

このように、悪徳なクレカ現金化業者の詐欺手口は様々なものがある。

今回紹介したのは代表的な詐欺手口だが、近年、これ以外にも様々なやり口があると思われる。

そんな悪徳クレカ現金化業者に引っかからないためにも、下記項目を読んで「優良なクレカ現金化の業者の見分け方」を知っておいたほうがいいだろう。

⇒安心・安全!優良クレカ現金化業者の見分け方・選び方

この「優良クレカ現金化業者の特長」の真逆が、悪徳詐欺業者だと思ってくれればと間違いない。