クレカ現金化の仕組み

このページを見ているということは、きっとあなたはクレカ現金化に興味があるのだろう。
 

しかし、

・クレカ現金化がどんな仕組みなのか分からない

・クレカ現金化にはどんな方法があるのか知りたい

・クレカ現金化の利点やメリットについて知りたい

 

…といった疑問があるのではないだろうか?

 

ここではクレカ現金化初心者のために、「クレカ現金化の仕組み・種類・利点」を、わかりやすく理解できるようにお伝えしている。
 

「クレカ現金化」と聞くと、なんだか怪しい気もするだろうがそんなことはない。
 

正しい知識を身につけて、正しく使えばクレカ現金化はとても便利な手段のひとつと言えるだろう。
 

このページの目次

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

クレカ現金化の仕組みは「転売」に近い

クレカ現金化の仕組みは「転売」に近い

そもそもクレカ現金化とはなんなのか?

簡単に言うと、「転売」のようなものである。
 

クレジットカード(クレカ)を使って商品を購入し、購入した商品を売ることで現金を手にいれる。

これがクレカ現金化の大まかな仕組みだ。
 

「えっ、それだけ?」なんて思うかもしれないが、本当にそれだけ。

「カードローンで借りれないし、クレジットカード(クレカ)のキャッシング枠も残ってない。でもクレジットカード(クレカ)のショッピング枠なら残っているのに..」
 

そんな不測の事態にアナタのピンチを救ってくれるのが、クレカ現金化というサービスなのである。

困った時に頼れるクレカ現金化だが、もちろんデメリットも存在する。
 

それが、転売とは違い、クレカ現金化は儲かる(利益がでる)ことはない。

クレジットカード(クレカ)で1万円の商品を購入し、クレカ現金化しても手にする現金は7000円~8000円ほど。
 

もちろんクレカ現金化のために購入した商品の支払いとして、翌月カード会社に1万円は支払わなければならない。

困った時に頼れるクレカ現金化だが、使いすぎには気をつけよう。
 

また、クレカ現金化業者は古物商許可申請をして古物商免許を持っていないと運営ができない。
 

そのため古物商免許を持っていないクレカ現金化業者を利用してしまうと、詐欺にあう可能性や警察沙汰に巻き込まれる可能性もあるので注意が必要だ。
 

とはいえ、古物商免許のあるクレカ現金化業者であれば問題ないのでご安心を。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

クレカ現金化する方法は3種類!その手順・流れは?

クレカ現金化する方法は3種類

クレカ現金化と一口に言っても、その方法は1つではない。

大きく分けると3種類のクレカ現金化の方法に分けられるのだ。
 

それぞれのクレカ現金化の方法によってメリット・デメリットがあるので、より自分の求める条件にあるクレカ現金化の方法をチョイスしてくれ。

 

【1】商品買取方式(店舗型業者の90%がコレ)

商品買取方式のクレカ現金化

商品買取方式のクレカ現金化は、昔から行われている歴史ある手法だ。

ただ、メリットよりもデメリットのほうが多いので注意が必要である。
 

商品買取方式の手順・流れ

1.クレジットカード(クレカ)を使って指定された商品を購入する。

2.クレカを使って購入した商品をクレカ現金化業者の買取店舗に持ち込む

3.持ち込んだ商品を現金で買い取ってもらう

4.持ち込んだ商品の買取価格分のクレカ現金化が成立

 

一番のメリットは換金率が高いこと

ゲーム機やブランド品、新幹線の回数券など換金率が高い商品を取引することで換金率90%も難しくない。

また実店舗での取引になるので、クレカ現金化業者の人と直接やりとりできるので安心感があるのがポイント。
 

ネット上だけでの取引の場合、「本当にクレカ現金化できるのか?」「騙されたりしてないか?」なんて不安になりがちだ。

しかし、実店舗での取引は「直接クレカ現金化業者の人とやり取り」をするため、信頼性が高いと言えるだろう。
 

「とにかく少しでも多く現金が欲しい」「初めてクレカ現金化をする」という人におすすめだ。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

即日現金化が難しいのがデメリット

商品買取方式でクレカ現金化をする場合、買い取ってもらう商品を用意するために、商品を買いに行かなければならない。

近くの店舗などで取り扱いがなければ、ネットで購入しなければならないので、商品が届くまで数日間待つことになる。
 

商品を用意できたら店舗に行かなければならないが、クレカ現金化業者が近くにない場合、商品をクレカ現金化業者に発送する必要がある。

そこでも商品がクレカ現金化業者に届くまで数日間待つことになる。
 

近所にクレカ現金化業者があって、買い取ってもらう商品も近くで買えるような人でなければ即日でのクレカ現金化は難しいのが現実。

即日クレカ現金化したい場合は、おすすめできないと言えるだろう。

 

また、商品買取方式の場合は「換金率の高い商品」を買わなければいけないことがほとんどである。

その場合、クレカ会社から目を付けられやすく、最悪の場合、クレジットカードが利用停止になる恐れがあるので注意しよう。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

【2】キャッシュバック方式(ネット業者の90%がコレ)

キャッシュバック方式のクレカ現金化

最近のクレカ現金化市場は、ほとんどがこのキャッシュバック方式である。

何と言っても所要時間が一番短いのがキャッシュバック方式の魅力だ。
 

即日でお金を用意したいなら、キャッシュバック方式でクレカ現金化するのが間違いなく確実。
 

商品買取方式の手順・流れ

1.クレジットカード(クレカ)を使って指定された商品を購入する。

2.クレカを使って購入した商品をクレカ現金化業者の買取店舗に持ち込む

3.持ち込んだ商品を現金で買い取ってもらう

4.持ち込んだ商品の買取価格分のクレカ現金化が成立

 

即日現金化できるのが一番のメリット

キャッシュバック方式でクレカ現金化する場合の最大のメリットは、即日現金化できるところにある。
 

先ほど紹介した商品買取方式のクレカ現金化と違い、直接店舗でやり取りする必要がなく、キャッシュバック方式のクレカ現金化業者から指定された商品をネットで購入すれば即現金化してもらえるのだ。
 

「どうしても今日中にお金を用意しないといけない」なんてピンチの時、救世主になりうるのがキャッシュバック方式のクレカ現金化なのである。

 

ちなみに、商品買取方式と違って「業者の自社商品」を購入することになるため、クレジット会社に目を付けられにくい。

要するに、換金率の高い商品を買うわけではないので、クレカ利用停止になりにくいのだ。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

商品買取方式と比べると換金率が低いのがデメリット

商品買取方式のクレカ現金化と比較すると、キャッシュバック方式のクレカ現金化の方が換金率が10~20%ほど低い。

クレジットカード(クレカ)のショッピング枠を1万円使ったとして、商品買取方式であれば9000円が手元に残るが、キャッシュバック方式であれば7000~8000円になってしまう。
 

もちろん「どうしても即日現金化したい」というのであればキャッシュバック方式でクレカ現金化するに越したことはない。

なので、急にまとまった現金が必要な時にだけ使うのがベストと言えるだろう。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

【3】自分でクレカ現金化をする(セルフ)

業者を使わず自分でクレカ現金化する方法

クレカ現金化業者を使わず「自分でクレカ現金化をする方法」は、クレジットカードで商品を購入してから返品するまでに数日間を要するので、すぐにお金が欲しい人には向かない。
 

とはいえ換金率100%は魅力的だ。

「現金が必要だけどそこまで急ぎではない」人に向いていると言えるだろう。
 

自分でクレカ現金化する場合の手順・流れ

1.ユニクロ、ドンキなどで「現金化したい金額分」をクレカで買い物する

2.3日後に購入した店舗に行き、購入した商品を返品する

3.クレジットカード(クレカ)で購入した商品の購入代金が現金で手に入る(現金化完了)

 

換金率100%なのがメリット

自分でクレカ現金化をする場合、換金率は驚異の100%!

それもそのはず、ただ単に買った商品を返品しているだけだから。
 

クレジットカードで購入した商品を返品する際は、基本的に現金で返品される仕組みになっている。

なので、クレジットカード(クレカ)を使って購入した商品分の現金が手に入るのだ。
 

「とにかく高い換金率でクレカ現金化したい」という方や、「クレカ現金化業者とやり取りするのは不安..」という人におすすめ。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

自分でクレカ現金化をする場合、即日現金化は難しい

ユニクロやドンキでクレジットカード(クレカ)を使い商品を購入した場合、利用したクレジット情報が反映されるまでに3日ほどかかる。

そのクレジット情報が反映されるまでは、商品の返品ができないのが最大のネックだ。
 

つまり、どんなに急いでいたとしても、ユニクロやドンキでクレジットカード(クレカ)で商品を購入してから3日間はクレカ現金化はできない。

また、万が一返品できないなんてことになった場合、現金が手に入らないどころか、クレジットカード(クレカ)のショッピング枠まで無駄に使ってしまうことになるので要注意だ!

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

クレカ現金化の利点・メリットは主に3つある!

クレカ現金化にしかない利点・メリットとはいったい何なのか?

クレカ現金化の仕組みを理解した人しか気づけない「クレカ現金化ならではの良さ」についてここでは説明していこう。

 

【1】ブラックや多重債務者でも現金を作ることが可能

クレカ現金化最大のメリットが、クレジットカード(クレカ)のショッピング枠さえあれば誰でもクレカ現金化できるところにある。

クレカ現金化は信用情報が関係ないので、カードローン審査に通らない人でも利用可能。
 

そのため過去にブラックリストに載ってしまった人や多重債務者の人でも、クレジットカード(クレカ)のショッピング枠さえ残っていれば現金化できるのだ。

お金を借りられるところがなくなってしまった人の救いとなるのがクレカ現金化と言えるだろう。

 

【2】融資審査や在籍確認がないのでラクチン

クレカ現金化は安定収入が無くてもOKなので、融資審査や在籍確認の必要がない。

そのため、無職や失業中でもクレジットカード(クレカ)のショッピング枠が残っていれば現金を作れる。
 

勤め先に在籍確認の電話をされることもなければ、審査も一切ない。

職場・仕事場に連絡される心配が一切ないので、便利かつ気軽に現金を用意できるのがクレカ現金化の魅力の一つでもある。

 

【3】カードローンと違い、家族にバレにくい

クレカ現金化はクレジットカード(クレカ)で買い物するだけなので、カードローンと違い、家に郵送物が来ることがない。

あくまでクレジットカード(クレカ)を使って買い物をしているだけで、お金を借りているわけではないのだ。
 

そのため、旦那、嫁、親、兄弟などの家族にもバレにくい。

これもクレカ現金化の大きな利点と言えるだろう。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

家族名義や他人名義のクレカだと現金化はできない?

「旦那の名義のクレジットカード(クレカ)を使ってクレカ現金化することは可能ですか?」

このサイトの読者で主婦の方からよくいただく質問だ。
 

基本的に家族名義(旦那のクレジットカードなど)であれば、名義人の了承と身分証があれば、問題なくクレカ現金化することができる。

名義人の了承が必須なので、名義人(旦那)の了承のもとでクレカ現金化する分には問題ない。
 

だが、名義人(旦那)に内緒でクレカ現金化したいとなるとNG!

クレカ現金化業者が直接名義人に確認を取るため、必ずクレジットカード(クレカ)の持ち主にバレるようになっているのだ。
 

また、なかなかレアなケースではあるが他人名義のクレジットカード(クレカ)で現金化しようとした場合、盗難したクレジットカード(クレカ)の恐れもある。

なので、残念ながら基本的にどこのクレジットカード(クレカ)業者もやってくれない。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

クレカ現金化の換金率の相場は?どれくらい手数料がかかる?

クレカ現金化をする際に気になるのが換金率と手数料だ。

実際に手元に入るお金がいくらなのか知りたいところだろう。
 

ここではクレカ現金化の方法ごとの換金率と手数料について説明しよう。
 

商品買取式の換金率と手数料

商品買取式のクレカ現金化の場合、換金率90%前後が相場。

10%ほどを手数料で持っていかれるので1万円分クレカ現金化する場合、1000円引かれることになるので手元に入るのは9000円ということになる。

 

キャッシュバック式の換金率と手数料

キャッシュバック式のクレカ現金化だと、換金率80%ぐらいが相場。

換金率が高い業者でもで85%ほど。

15~20%ほどを手数料で持っていかれるので1万円分クレカ現金化する場合、1500~2000円引かれることになるので手元に入るのは7500~8000円ということになる。

ちなみに、「クレカ決済の手数料」「振込手数料」「消費税」「送料」なども、その他の手数料として引かれるので悪しからず。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

クレカ現金化の申込時に必要なものは?必要書類は何?

「クレカ現金化するときに必要なものって何ですか?」…初めてクレカ現金化をするときに、いちばん初めに気になるところだろう。

クレカ現金化の際に必要なものは2つ。
 

「本人確認のできる顔写真付きの身分証明書」と「クレジットカード」が必要だ。

逆に言うと、それ以外は何も必要ない。
 

上記の2つ以外に「収入証明書」や「クレカのセキュリティコード」などの提出を求めてくるようなクレカ現金化業者は、詐欺の疑いもあるので注意が必要だ。

 

本人確認不要でもクレカ現金化は可能なの?

「クレカ現金化したいけど、本人確認しなくてもできるところある?」…なんて質問がたまにこのサイトの読者から寄せられることがあるが、答えはNO!

本人確認なしでクレカ現金化できるところはない。
 

クレカ現金化業者は「古物営業法」により、必ず客の本人確認しなければいけないため、本人確認しないなんてことは、残念ながら無いのだ。

本人確認なんて身分を証明できるものを見せればいいだけなので、大した負担もないはず。
 

逆に、本人確認せずにクレカ現金化するような業者はかなり怪しいので絶対にやめておいた方がいいだろう。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項

 

 

クレカ現金化するときの決済は分割払いもOK?

「クレカ現金化するときはクレジットカード(クレカ)一括払いじゃなきゃダメですか?」

このサイトの読者の方からいただくよくある質問だ。
 

確かに、お金に困ってクレカ現金化しているのに、翌月にクレジットカード(クレカ)の請求でまたお金に困るなんて本末転倒。

それは心配になるところだろう。
 

この質問に対する答えは、「クレカ現金化するときは、分割払いも可能」だ。

基本的にクレカ現金化の際に、クレジットカード(クレカ)の支払い回数まで指定されることはないので安心してくれ。
 

クレカ現金化した後の生活のことを考えると、分割払いの方がいいかもしれない。

 

即日で現金化もできる!
安心のオススメ優良業者はココ
↓ ↓ ↓ ↓

現金屋クレカ現金化の注意事項