クレカ現金化は違法じゃない?逮捕される危険性は?

クレカ現金化をする上で、やはり気になるのは「違法なのか?」「捕まらないのか?」ということではないだろうか?
 

ここではクレジットカード現金化の違法性や危険性について詳しく説明していこう。
 

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

クレカ現金化は法律で違法ではないし犯罪ではない

正直な話、クレカ現金化と聞くと「犯罪」「逮捕されそう」といった言葉を連想してしまうのではないだろうか?
 

しかし、結論から言うとクレカ現金化は「犯罪・違法でなない」と断言できる。

 

その理由としては、クレカ現金化が違法だった場合、「メルカリ・ヤフオク」などのメットオークションサイトも違法になってしまうことになる。
 

では、詳しく説明していこう。

 

まず、クレカ現金化というのは、大まかにいってしまえば「クレカを使った転売」である。
 

「クレカで買った商品を売る」ことで、現金を手に入れることができるからだ。

 

このサイトも読んでいる人の中にも、クレカで買った商品を、メルカリやヤフオクを使い、売った経験がある人もいるだろう。
 

そうなると、「クレカ現金化を犯罪だ!」と言うならば、メルカリやヤフオクで商品を売った人も、ほとんどが逮捕されてしまうことになる。

 

しかし、逮捕されないことは、読んでいる人も分かっているはずだ。
 

ではなぜ「クレカ現金化がグレー」と言われてしまうのか?

 

その理由は、クレカを使った転売は「クレカ会社の規約で禁止されている行為」だからである。
 

仮に、クレカ現金化をした利用者がクレカ返済ができなくなれば、一番被害を被るのはクレカ会社だからだ。

 

なのでクレカ会社では、クレカ現金化を「禁止行為」とし、「やってはいけない行為」というふうに謳っているのだ。
 

ちなみに、クレカを使った転売というのは、一切法律違反ではない。

 

また、中には「クレカ現金化を謳った詐欺業者」も散在するため、詐欺被害を減らすという意味でも、警察や消費者庁は「クレカ現金化はNG」と謳っている。
 

このように、クレカ会社や警察・消費者庁が「クレカ現金化はやめろ」と言っているため、一般的にはグレーな印象になっているのだ。

 

しかし、厳密に言うとクレカ現金化は法律違反でもないし、ましてや利用者が逮捕されることはない。
 

このように、クレジットカード現金化が「犯罪や違法行為ではない理由」が分かってもらえただろうか?

 

ただ、クレカ現金化はいほうではないが、中には「逮捕されたクレカ現金化の業者」も存在する。
 

では、なぜ違法ではないのに逮捕されてしまったのか?
 

次の項目で話していこう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

なぜ逮捕されたクレカ現金化業者がいるのか?その理由!

クレカ現金化葉決して違法ではないが、中には逮捕された業者もいる。
 

結論から言えば、クレカ現金化業者側が「ずさん」であり、ヘマをしたから逮捕されたのだ。

 

ここからは、なぜ逮捕されてしまったのかを詳しく説明していこう。
 

ちなみにクレカ現金化では、仮に業者が逮捕されたことはあっても、「利用した側」が逮捕されたことは一度もないので安心してほしい。

 

逮捕されたクレカ現金化業者は「キャッシュバック方式」というタイプのクレカ現金化で、サービスを行っていた。
 

この「キャッシュバック方式」のクレカ現金化は、もちろん違法ではない。

 

しかし、この業者は「商品価値がない物」をユーザーにクレカで買ってもらい、キャッシュバック方式でお金を払っていたのだ。
 

この「商品価値がない物」というのは、いわゆる「10円もしないビー玉」だったり、「何の価値もない石」だったりだ。

参考ページ⇒日本経済新聞「カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁」

 

これらを自社商品としてユーザーにクレカ決済させて、キャッシュバックでお金を払っていたのだ。
 

例えば、「10円もしないビー玉」に10万円の値段を付け、ユーザーに10万円でクレカ決済させ、すぐに8万円をキャッシュバック…という感じだ。

 

そもそも、クレカ現金化は古物商という名目で行っているサービスなため、商品価値があるものでサービスをしなければいけない。
 

しかし、逮捕されたクレカ現金化業者は、タダ同然の商品でキャッシュバック方式を行っていたため、警察側が目をつけ「それ古物商ではなく貸金業になってない?しかも利息が違法じゃない?」と調査が入ったのだ。

 

そして、物を売買する取引ではなく「お金を貸しているサービス」とみなされ、かつ利息が法外だったので「出資法違反」で逮捕となってしまったのだ。
 

要は、完全にクレカ現金化業者側のミスで起こった事例である。

 

他にも、クレカ現金化業者側が逮捕された事例があるが、クレカ現金化とは全然関係ない「脱税」などだ。

参考ページ⇒日本経済新聞「カード現金化業者を脱税容疑で逮捕 東京地検」

 

このように、怪しいクレカ現金化業者というのは、残念ながら逮捕されている。
 

しかし、クレカ現金化自体は違法ではないので、「優良なクレカ現金化業者」を使えば、基本的には逮捕されることもない。

 

ちなみに、今まで「利用者側」が逮捕された事は一度もない。

※ググってもらえば分かると思う。

 

なぜなら、利用者側はただ単に「クレジットカードで買い物をしているだけ」であり、法律違反は犯していないからだ。
 

また、クレカ現金化自体を取り締まる法律は、2019年現在、存在しないので、利用者側が「クレカ現金化をした罪」で逮捕されることはない。

 

ただ、利用者側がクレカ現金化をしたからと言って逮捕されることはないが、リスクは少なからずある。
 

ちゃんと覚えておいてほしいので、次の項目でしっかりと説明しよう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

利用者が逮捕されることはないが、悪質だとこんなリスクも…

上記では、「クレカ現金化をしたからといって、その罪で利用者側が逮捕されることはない」と述べた。
 

そもそも、クレカ現金化自体を取り締まる法律はないので、犯罪にならない。

 

しかし、「悪質」と判断された場合、利用者側にもちゃんとリスクはある。
 

それは、「あまりにも悪質な場合、別の内容でクレカ会社側から訴えられる可能性がある」ということだ。

 

ちなみに前もって言っておくが、これはあくまでも「可能性」であり、今までそうなった事例はないので安心してくれ。
 

そして、「あまりにも悪質」な場合のみに限るので、普通にクレカ現金化を利用する場合に関しては、心配はないだろう。

 

まず、クレカ現金化をした後に、クレカ会社への支払いができず一切支払いをしなかった場合、クレジット会社が「詐欺罪」で訴えてくる可能性がある。
 

この詐欺罪というのは、「クレカの返済ができるという契約でクレジットカードを契約したのに、支払いが行われない」ということが詐欺に該当する場合があるのだ。

 

ちなみに、これはクレカ現金化は一切関係ない。
 

要するに、「支払いをしないこと」が詐欺に該当するという主張だ。

 

また、そうとう悪質(何年も全く支払わないなど)でないと、訴えられることはないと思う。
 

次に、何度クレカ会社から注意を受けてもクレカ現金化を辞めず、何度も何度も転売しまくっている…という場合だ。

 

この場合、クレカ会社が「転売」を悪質な横領行為として訴えてくる可能性もある。
 

いわゆる「横領罪」としてだ。

 

ただ、基本的にはコレで訴えられることは、ほぼ100%ないと思う。
 

なぜなら、クレカ現金化を行ってクレカ会社に目を付けられたら、すぐにクレジットカードを利用停止にされるからだ。

 

利用停止になったら、クレカを使った転売はできないので、「悪質」と判断されるまでに至らないだろう。
 

また、クレカ会社側も忙しいので、いちいち裁判など起こしては来ない。

 

いち個人に対して毎回毎回裁判をしていたら、時間と費用のムダだ。
 

このように、クレカ現金化をしても利用者側が逮捕されることはないが、一応リスクはある。

 

ただし、ちゃんとクレカの支払いさえ行っていれば、現実的に上記のリスクが起こることは、ほぼ100%ないだろう。
 

常識の範囲内でクレカ現金化を行えば、まず安全である。

 

では、なぜ私が「ほぼ起こることのないリスク」を説明したのか?
 

それは、どんなに可能性の低いリスクだとしても、ちゃんとリスクも知ったうえでクレカ現金化を行ってほしいからだ。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

そのほかのクレカ現金化のデメリットはコレ

ここでは、クレカ現金化を行う上での「代表的な4つのデメリット」をご紹介していこう。
 

ただし、「捕まる」「逮捕される」といった法律に違反する内容ではないので、安心してくれ。

 

クレジットカードが利用停止になってしまう恐れも

クレカ現金化は「クレカ会社の規約で禁止されている行為」であることは説明した。
 

では、クレカ現金化を続けていると、どうなってしまうのか?

 

確実ではないが「クレジットカードの利用停止」の可能性がある。
 

実はクレカ会社には、「クレカ現金化を行っていないか?」を監視・調査するたもの部署がちゃんとある。

 

そして、「クレカ現金化をするためによく購入される商品」などを常にチェックしている。
 

クレカ現金化には、大まかに「商品買取方式」と「キャッシュバック方式」という仕組みが存在するが、商品買取方式の場合は「商品をクレカで買い、それを業者に買い取ってもらう」という仕組みだ。

参考ページ⇒クレカ現金化「商品買取方式」の仕組みについて

 

その「業者に買い取ってもらう商品」というのは、「金券・ゲーム機・ブランドもの」など、大体が決まっている。
 

理由は「高く転売できるから」だ。
 

(クレカ現金化業者がこれらの商品を買い取った後、転売し利益を出しているため)

 

なので、商品買取方式のクレカを行う場合、買う商品は大体決まってくるので、クレジット会社にバレやすいというワケだ。
 

これらの「クレカ現金化に適した商品」を、あなたがクレカで複数回購入していると、「怪しい」とみなされ、いきなり「クレジットカードが利用停止」になる場合があるのだ。

 

ではどうすればいいのか?
 

クレカ利用停止の対策としては、「商品買取方式」ではなく「キャッシュバック方式」のクレカ現金化業者を利用するのがオススメだ。

 

「キャッシュバック方式」のクレカ現金化は、基本的には転売ではない。
 

「クレカ現金化業者の自社商品をクレカで購入し、キャッシュバックで現金をもらう」という仕組みなので、「ただクレカで買い物しただけ」とみなされやすいのだ。

参考ページ⇒クレカ現金化「キャッシュバック方式」の仕組みについて

 

「キャッシュバック方式」は「商品買取方式」に比べ還元率がちょっと低いというデメリットはあるが、クレカ利用停止のリスクは限りなく低くなる。
 

ちなみに、一度クレカが利用停止になってしまうと、ほかのクレジットカードを作るのも困難になる。

 

理由としては、クレジット会社は「信用情報機関」というものを通じて、利用者の情報をお互い共有し合っているのだ。
 

つまり、アナタが一度でもBANされてしまうと、新たに他のクレカ会社の審査を受ける際に、「以前、クレカ現金化を行って利用停止になった」とすぐにバレてしまうのだ。

 

こうなると、ほかのクレカ会社でもクレジットカードを作るのはしんどくなる。
 

これらのリスクを踏まえたうえで、クレカ現金化をするなら「キャッシュバック方式」の業者を選ぶのがオススメだ。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

自己破産や民事再生ができなくなる場合も

実は、クレカ現金化を行ったことで「自己破産」や「民事再生」ができなくなる可能性がある。
 

そもそも、自己破産や民事再生というのは、誰でもできる訳ではない。

 

「仮に、自己破産する側が悪質だと、自己破産できないケースもある」ということだ。
 

これを「免責不許可事由」という。

参考ページ⇒裁判所の公式ホームページ「免責不許可事由についてのPDF」

 

要するに、「自己破産までに至った経緯で、悪質な行為をして借金返済できなくなった」となると、自己破産が認められなくなるのだ。
 

この「悪質な行為」にクレカ現金化が該当する場合があるのだ。

 

ただ、よっぽど悪質にクレカ現金化を行っていなければ、基本的には大丈夫と思ってもらってよいと思う。
 

クレカ現金化を悪質的に何回も行うと、「自己破産するときに影響振る場合がある」ということを覚えておいてほしい。

 

ちなみに、そもそも自己破産しないように、クレカの返済などは計画的に行うようにしよう。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

詐欺まがいの悪徳業者も少なからずいる

残念ながら、クレカ現金化業者の中には、少なからず「悪徳業者」が存在する。
 

「クレカ現金化を行った後にお金を振り込んでこない業者」や、「個人情報やクレカ情報の盗む詐欺業者」などが、少なからずいるのだ。

 

一見すると、通常のクレカ現金化業者風に行っているため、タチが悪い。
 

しかし、この「悪徳業者」を見分ける方法はちゃんと存在する。

 

それについては下記の2ページを熟読してみてくれ。

 

利用する前に、悪徳業者に引っかからないためにも、手口のおさらいを済ませておこう。
 

ちなみに、悪質な詐欺業者というのは、ほんの一部だ。

 

多くのクレカ現金化業者は、ちゃんと運営を行っており、ちゃんとした会社であることがほとんどだ。
 

10年以上営業している業者も非常に多いし、そもそも違法なことをしていれば、10年も会社を存続させられないだろう。

 

あくまでも「一部の業者」が悪質行為を行っているわけで、ちゃんと見分けて優良業者を利用すれば、詐欺られることもないので安心してくれ。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

クレカ現金化は簡単にお金が作れるので多重債務になりやすい

「簡単にお金が作れる」というのは、クレカ現金化の素晴らしいメリットだ。
 

しかし、これによってどんどんクレカ現金化をし、返済不能になり多重債務になってしまう人も多い。

 

そもそも「ちゃんと計画的に利用しろよ」という話だが、「簡単にお金を作れる」という魔力は非常に強く、抗いがたい。
 

なので、もしあなたがクレカ現金化する場合、必ず返済経過鵜を立てて利用してほしい。

 

そうしないと、ウシジマくんに出てくるキャラのように、闇金にハマってしまうことになりかねないぞ。
 

ご利用は計画的に。

 

安全なクレカ現金化業者はココ
みんなが選ぶ大手が安心!
↓ ↓ ↓ ↓

■ギフトクレジットギフトクレジット

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

■Life(ライフ)Life

公式サイトはコチラ

現金化の注意書き

 

クレジットカード現金化は自己責任で!

クレカ現金化は世の中では「違法だ」「危険」「詐欺」といったネガティブな印象が多い。
 

だが、クレカ現金化は現段階では違法ではないし、基本的には安全だ。

 

ただし、上記で述べたリスクが起こる可能性はゼロではない。
 

なので、クレカ現金化を行う際は、必ず自己責任で行ってほしい。

 

仮に、何か問題が発生したとしても、当サイトでは責任を負うことはできない。
 

あくまでも「自分で責任を取る」ということを忘れないでくれ。
 

それではアナタの検討を祈る!!!!