即日クレカ現金化する方法

このサイトを読んでいるアナタは

「今すぐお金が必要」

「急に現金が必要になった」

…などので困っているのではないだろうか?

 

「クレカ現金化」であれば、うまく行けば申込して10分ぐらいで現金化することも可能だ。
 

しかもブラックだろうが多重債務だろうが、クレカを持っていてショッピング枠が残っていれば、審査・在籍確認なしで即日現金化も可能なのだ。

 

ただし、「即日」で現金化するには、条件がいくつかある。

 

このサイトでは「クレカ現金化で、即日お金を作る方法」を、どのサイトよりも詳しく紹介している。
 

即日でクレカ現金化したいのであれば、このサイトだけ熟読してもらえればそれでOKだ。

 

ちなみに、クレカ現金化について「仕組みが全く分からない!」という人は、まずは下記のページから読んでみてくれ。
 

「クレカ現金化はどんな仕組み?利点や方法の種類は?」のページへ

 

すでにクレカ現金化の仕組みは理解していて、とにかく「即日現金化の方法が知りたい人」は、ここから下を読んでくれればOKだ。
 

このページの目次

 

クレカで即日現金化できるのは「キャッシュバック方式」のみ

キャッシュバック方式以外は即日クレカ現金化はできない

まず、クレジットカード現金化というのは、実は「やり方」が大きく3種類に分けられる。
 

【1】キャッシュバック方式(業者を利用する方法)

【2】商品買取方式(業者を利用する方法)

【3】返品方式(自分で行う方法)

 

上記のように3種類あるわけだが、この中で「即日に現金化」ができるのは「【1】キャッシュバック方式」だけなのだ。
 

そのほかの【2】や【3】の方法でクレカ現金化を行うと、システム上、どうしても現金を手にするまで2~3日かかってしまう。
 

なので、急ぎで現金が欲しい人は、キャッシュバック方式のクレカ現金化業者に申込むことが絶対条件となる。

 

ちなみに、キャッシュバック方式の「優良業者」を選びたいのなら、10年以上の営業実績がある「ゼロスタイル」がオススメだ。
 

もしアナタが悪徳業者に騙されず即日クレカ現金化したいなら、ぜひここに申込むのが無難だろう。

 

キャッシュバック方式が即日現金化できる理由

キャッシュバック方式が即日現金化できる理由

では、なぜキャッシュバック方式は即日現金化ができるのか?
 

まず、キャッシュバック方式を大まかに説明すると、「クレカ現金化業者が販売しているキャッシュバック商品を購入すると、すぐにキャッシュバックされて現金をもらえる」…という仕組みである。

 

もう少しわかりやすい例を出すと、

「8万円がキャッシュバックされる商品(価格は10万円)」をアナタがクレカ決済で購入し、すぐに8万円もらえる。(キャッシュバックされる)

…と言った感じだ。

 

これにより、あなたは10万円分の買い物をするが、その支払いは翌月か翌々月になる。
 

しかし現金の8万円は、すぐさまアナタに振り込まれるのである。
 

※キャッシュバック方式の詳しい仕組みについてはコチラを参考に⇒クレカ現金化「キャッシュバック方式」の仕組みについて

 

そして、このキャッシュバック方式は「キャッシュバック(返金)するため、すぐにお金を振り込んでもらえる」という大きなメリットがある。
 

これができるため、ほかのクレカ現金化の方法とは違い、即日現金化が可能なのだ。

 

キャッシュバック式であれば、商品をクレカ決済してから「早ければ10分ぐらい」で、キャッシュバック分のお金が振り込まれる。

 

ではキャッシュバック方式以外のクレカ現金化は、なぜ即日現金化できないのか?
 

ここからはそれについて、より詳しく説明しよう。

 

「商品買取方式」のクレカ現金化では即日現金化できない

商品買取方式だと即日クレカ現金化できない理由

まず初めに「商品買取方式」のクレカ現金化とは、そもそもどのような仕組みで成り立っているのか。簡単に説明しよう。
 

「商品買取方式」のクレカ現金化をわかりやすく一言で表すと「転売」だ。
 

まず、商品をクレジットカード(クレカ)で購入し、その商品を売って現金化するのだ。
 

このやり取りを「クレカ現金化業者の指示」に従って行うのが「商品買取方式」のクレカ現金化である。
 

商品買取方式の詳細はココを参考に⇒クレカ現金化「商品買取方式」の仕組みについて
 

つまり、「現金化するための商品」を買いに行かなければならないので時間がかかるし、ネットで購入する場合、現金化するための商品があなたの手元に届くまでには数日はかかってしまう。
 

そのため「商品買取方式」のクレカ現金化では、即日現金化することは不可能なのだ。
 

もちろん、商品を買い取ってもらうために「クレカ現金化業者の店舗」にわざわざ出向かなければならないし、仮に郵送で送るとしても発送するまでに時間も手間もかかる。
 

このように、「商品買取方式」のクレカ現金化では、即日現金化は非常に難しいのだ。

 

自分でできる返品方式のクレカ現金化も即日現金化はムリ

自分で出来るクレカ現金化では即日はムリ

「返品方式」のクレカ現金化は、言葉の通り「クレジットカードで購入した商品を返品すること」で現金化する方法である。
 

ちなみに、この返品方式のクレカ現金化は「自分でできる」ため、クレカ現金化業者を使う必要はない。

⇒自分でクレカ現金化をする方法・種類についてはコチラ

 

具体的には、「ユニクロ」や「ドンキホーテ」などの「返品可能なお店」でクレカで買い物をし、その後、購入した商品を店舗に持っていき返品する流れだ。
 

実はクレカ決済をした場合の「返金」は、その場で「現金」で返金されるところがほとんどなのだ。
 

そのため、「支払いは先だが、すぐに現金が手に入る」ということになる。
 

これだけ聞くと「返品方式は自分でできるし簡単そう!」と思うかもしれないが、即日で現金化したい人には残念なお知らせがある。
 

それが、返品方式の場合「クレカ決済の決済情報が反映されるまで3日ほどかかる」ため、3日立たないと返品ができない。
 

つまり商品を購入してから3日以降にならないと、現金化することができないのである。
 

よって、即日クレカ現金化はできないのだ。
 

他にも「返品方式」以外で自分でクレカ現金化する方法はいくつかあるが、基本的にはどれも即日現金化は難しい。
 

即日で現金化したいのであれば、クレカ現金化業者を使い、しかもキャッシュバック方式の業者を利用しなければならないのだ。

 

キャッシュバック方式による即日クレカ現金化の手順・流れ

キャッシュバック方式のクレカ現金化の流れ・手順

このように、即日クレカ現金化するなら「キャッシュバック方式」のクレカ現金化業者を選ばなければダメだ。
 

では、キャッシュバック方式の場合、どのような流れで現金化を行うのか?
 

ここでは「キャッシュバック方式」でクレカ現金化する流れについてご説明しよう
 

【1】まず、クレカ現金化業者に申し込みをする

【2】クレカ現金化業者が「指定した商品」をクレジットカード決済で買う

【3】クレカ決済後、決められたキャッシュバックの金額分があなたに振り込まれる(現金化完了)

【4】後日、買った商品が送られてくる。そして翌月か翌々月にクレカの請求がくる。

…簡単に言うとこんな感じだ。
 

【2】の「指定された商品」というのは、具体的には「CD」「DVD」などが一般的。
 

「英語のDVD教材」や「自己啓発の音声プログラム」のようなものを想像してもらうといいだろう。
 

そして、それは業者側が売っている(取り扱っている)商品になる。
 

ただ、基本的には現金化することが目的なので、この商品自体に特に意味はない。
 

こうしないと、あなたのクレカが利用停止になるから行っているのだ。
 

また、基本的にはオンライン(ネット上)で購入し、余計な手間は一切かからない。
 

この流れでクレカ現金化を行えば、それだけで現金(キャッシュバックのお金)が手に入るのだ。
 

商品の購入が確認でき次第キャッシュバックされるので、早ければ10分ほどで現金を手に入れることができる。
 

ただ、翌月か翌々月にはクレカの請求がくるので、現金がすぐに手に入ったからと言って油断して散在すると、のちのち痛い思いをするので注意しよう。
 

…以上が、キャッシュバック方式で即日クレカ現金化するための大まかなながれだ。

 

クレカのショッピング枠が残ってないと即日現金化はできない

ショッピング枠が残っていないと即日クレカ現金化はできない

即日クレカ現金化をする上で、忘れてはならない注意事項が1つある。
 

それが、「クレジットカードのショッピング枠が残ってなければ、クレカ現金化はできない」ということだ。
 

即日で現金化できるキャッシュバック方式に限らず、クレカ現金化というのは、全てクレジットカードを使って「商品をクレカ決済で購入」しなければならない。
 

つまり、クレカで買い物ができない状態だと、クレカ現金化はできないのだ。
 

仮に20万円現金が必要でも、利用可能なクレカのショッピング枠が10万円しかなければ、10万円で買える商品を現金化した金額(約7~8万円)しか手にすることはできないのだ。
 

いざクレカ現金化しようとしても、実はこの条件が満たされていない限り、現金化はできない。
 

「クレジットカードの限度額がいっぱいでクレカが使えない」という人は、残念ながらどうしようもないのだ。

 

クレカで即日現金化するためにの必要書類はコレ!

即日クレカ現金化の必要書類は2つ

即日クレカ現金化するためには、用意しなければならない書類がいくつか存在する。
 

とはいえ、「カードローンの審査」や「クレジットカードの発行審査」のように厳密な必要書類ではないので安心してくれ。
 

クレカ現金化を即日するために必要な書類は、下記の2点だ。
 

【1】アナタの本人確認のための身分証

【2】クレジットカードの本体

 

この2点が必要な理由を簡単にご説明しよう。
 

クレカ現金化業者は、営業区分が「中古品売買」に該当するため、古物営業法が適用される。
 

この古物営業法には「取引相手(利用者)の本人確認をしなければならない」という法律があり、クレカ現金化をするときは必ず本人確認が必要になるのだ。
 

そのため、あなたの身分証明書(運転免許証やパスポートなど)が必須となる。
 

そして、クレカ現金化をするにあたって「利用するクレジットカードが、本当に本人のものなのか?」も確認しなければいけない。
 

仮に、申込者が他人のクレカを持ってきて不正利用しようと企んでいたとする。
 

それを見抜けず、他人のクレカでクレカ現金化してしまうと、クレカ現金化業者側が詐欺に加担してしまう恐れがあるからだ。
 

そういった理由から、クレジットカード本体をちゃんと確認し、「申込者のものであるか?」を判断しているのである。
 

ただし、「クレジットカードのセキュリティコード」や「実家の住所、年収・収入、資産状況」などまで確認してきた場合、詐欺業者の可能性もあるので注意が必要だ。
 

なぜなら、クレカの現金化にはセキュリティコードを業者側に教える必要はないし、年収なども伝える必要はないからだ。
 

クレカを不正利用されたり、闇金に個人情報を売られる場合があるので注意しよう。

悪徳クレカ現金化業者に騙されたくない人は、こちらのページも読んでおくことをお勧めする⇒覚えておきたい!悪徳クレカ現金化業者はこんな手口を使ってくる!

 

即日クレカ現金化は審査なしでできる!

即日クレカ現金化は審査なしでできる

結論から言うと、クレカ現金化にはカードローンやキャッシングのような「融資審査」というものはない。

お金を借りるときの「審査」というものは、「ちゃんと返済できるかどうか?」を判断するために行われるものである。

しかしクレカ現金化の場合、クレカのショッピング枠さえあれば、利用者が返済できるかどうかは関係がない。

(クレカ決済の返済請求は「クレジットカード会社」が行うので。)

そのため、クレカ現金化では融資審査などは一切行わないのだ。

多重債務者やブラックリストの人には願ってもない話だ。
 

このように、カードローンの審査やクレカ発行の際の審査のような「煩わしい手間」が一切かからないのが、クレカ現金化のメリット。
 

「このクレカは私のものです」という本人確認さえできて、クレカ現金化するためのショッピング枠さえ残っていれば、問題なく現金を作ることが可能だ。

 

即日クレカ現金化は在籍確認なしでできる

クレカ現金化は勤務先に在籍確認の電話はない

クレカ現金化をする上でよく質問されるのが、「在籍確認はあるのかどうか?」だ。
 

「在籍確認」という言葉を聞いて、嫌な気持ちになる人も多いのではないだろうか?
 

会社員、パート主婦、アルバイト。
 

どの立場であっても「自分の職場に在籍確認の電話」がかかってくれば、「仕事場の上司や同僚にクレカ現金化しようとしていることがバレてしまう!」と不安になるもの。
 

カードローンの審査やクレカを作ったときは、ほぼ必ず行われる「勤め先への在籍確認」だが、クレカ現金化の場合はどうなのか?
 

答えを言うと、クレカ現金化を行う場合に「在籍確認」は一切ない。
 

もちろん、即日で現金化する場合にもだ。
 

そもそも、在籍確認というのは「その人がちゃんと仕事をしているのか? = 安定収入はあるのか?」ということを確認するために行われるものなのだ。
 

上記でも述べたが、クレカ現金化には「安定収入の確認」なんて必要ない。
 

そのため、クレカ現金化では職場に電話確認などは一切行われない。
 

とにかくクレジットカードのショッピング枠さえあればOKなのだ。

 

無職・失業中・ニートでも即日クレカ現金化できる

クレカのショッピング枠が残っていれば無職でも現金化は可能

クレカ現金化は無職だとできないのか?
 

結論から言うと、無職や失業中だとしても、クレカのショッピング枠が残っていれば、即日クレカ現金化は可能だ。
 

クレカ現金化というのは、基本的に「安定した収入」は特に関係ない。
 

そのため、ニートや働いていない人でも、クレカのショッピング枠があればできるのだ。
 

クレジットカードのショッピング枠さえ残っていれば、だれでもクレカ現金化は可能なので、安心して現金化してくれ。
 

ただし、クレカ現金化ができたとしても、翌月か翌々月にはクレカの請求はくることになる。
 

その時に、働いていない無職だと自分の首を絞めることとなる。
 

仮に即日クレカ現金化できたとしても、クレカ返済までに働くようにしよう。

 

未成年の学生は即日クレカ現金化は難しい

未成年の学生がクレカ現金化するのはムリ

このサイトを見てくれた未成年の学生からよくある問い合わせがある。
 

それが「未成年の学生でもクレカ現金化することはできますか?」という質問だ。
 

未成年の学生で一人暮らしでお金がかかったり、学費を捻出するために、どうしてもお金が必要な時があるものだろう。
 

結論から言うと、「未成年の学生でもクレカ現金化は可能だが、やってくれる業者はない」だ。
 

これは、クレカ現金化業者側のリスクが高いため、ほとんどの業者が相手にしてくれないためだ。
 

具体的に未成年の学生がクレカ現金化することができない理由は3つ。

 

【1】トラブルが起きる可能性が高い

まず、18歳以上とはいえ、ほとんどは「学生」だ。
 

クレジットカード(クレカ)を持っているとはいえ、学生が稼げるお金なんてどんなにアルバイトしたとしても、たかが知れているもの。
 

無理に未成年がクレカ現金化をして、クレカ会社へ返済ができなくなるようなことがあると、クレカ現金化業者側が「未成年を陥れた!」と、世間で騒ぎになりかねない。
 

また、親権者である親からも訴えられる可能性も0ではないので、こうしたトラブルを未然に避けるためにも、クレカ現金化業者は未成年の利用は断ることが多いのだ。

 

【2】古物営業法に違反する恐れがある

アナタは「古物営業法」という法律をご存知だろうか?
 

簡単に言うと、「中古品の売買についての法律」のようなものだ。

詳しくは警視庁のHPを参考に⇒http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/tetsuzuki/kobutsu/kaisetsu/kaisetsu.html

 

この古物営業法にあるように、基本的には18歳以上からの買取は認められている。
 

ただし、商品によっては20歳未満からは買い取れないものが4つある。
 

【1】ゲーム(本体・ソフト)
【2】CDやDVD
【3】文庫や書籍
【4】車やバイク(部品も含む)

 

必ずしもクレカ現金化の際に上記の商品を買い取るわけではないが、「クレカ現金化をする上で取り扱うことが多い商品」も含まれているので、古物営業法に違反してしまう可能性が高くなってしまう。
 

そうした法律違反などのトラブルを避けるためにも、クレカ現金化業者は未成年の学生との取引をしないことが多いのだ。

 

【3】リスクに対する利益が少ない

簡単に言うと、クレカ現金化業者からすると、未成年者との取引は「ハイリスク・ローリターン」でしかない。
 

未成年者の持つクレジットカードの大半は「学生カード」であり、ショッピング枠も10~30万円と通常のクレジットカードよりも限度額が低い。
 

そうするとクレカ現金化できる金額も、通常のクレジットカードよりも少額になってしまうのだ。
 

クレカ現金化業者からすると、「未成年者は金にならないのに面倒ごとに巻き込まれる可能性が高い」というわけだ。

 
 

このように未成年者の学生でも、理論上はクレカ現金化は可能だ。
 

しかし、基本的にクレカ現金化業者に相手にされることはないので、事実上難しい。
 

もしどうしても現金化したいのであれば、「自分でできるクレカ現金化」がお勧めだ。

⇒自分でクレカ現金化をする方法についてはココ

 

外国人でも即日クレカ現金化はできる

外国人でもクレカ現金化は可能

「外国人だけどクレカ現金化はデキマスカ?」

…レアなケースではあるが、まれに外国人からこういった質問をいただくことがある。
 

確かに、日本国籍ではない外国人だと、クレカ現金化ができないのではないかと思うだろう。
 

しかし実際は、条件を満たしていれば、外国人でもクレカ現金化はできる。
 

もちろん即日現金化もOKだ。
 

条件に付いてだが、

【1】日本国内で使えるクレカを、本人名義で持っていること

【2】ショッピング枠が残っていること

…の2点だ。

日本人であれ外国人であれ、本人名義のクレジットカードを持っているのであれば、問題なくクレカ現金化することができる。
 

このように、仮に「アメリカ人、中国人、韓国人、フィリピン人、タイ人、バングラディシュ人、インド人、ネパール人」であっても、条件を満たしていればクレカ現金化は可能だ。

 

法人・個人事業主・自営業でも即日クレカ現金化は可能

法人や個人事業主でもクレカ現金化はできる

いままで説明してきたのは基本的に「個人」や「雇われている側」の話だった。
 

では「会社(法人)」や「自営業・個人事業主」では、クレカ現金化できるのだろうか?
 

結論から言うと、どちらもクレカ現金化することは可能だ。
 

法人名義のクレジットカード(ビジネスカード)があり、限度額が残っていれば、法人でも問題なくクレカ現金化することができる。
 

むしろ、法人向けのクレカ現金化業者もいるほどだ。
 

また、自営の個人事業主でも「本人名義のクレカ」があれば、クレカ現金化は可能である。
 

自営の個人事業主だろうが、雇われの会社員だろうが、クレカさえ持っていれば関係ない。
 

ちなみに、何度も言うように、どちらも「利用限度額が残っていること」が条件になるので、確認の上でクレカ現金化に申込むようにしてくれ。

 

安心・安全!優良クレカ現金化業者の見分け方・選び方

優良クレカ現金化業者を見分ける3つのポイント

ここまでちゃんと読んでくれたのなら、「即日クレカ現金化するための仕組み」については、大体ご理解いただけただろう。
 

ここからは実際にクレカ現金化をするにあたって、「安心して利用できる優良クレカ現金化業者」の見分け方・選び方について説明しよう。
 

チェックするポイントは大きく分けて3つだ。

 

代表者名や会社の住所がちゃんと記載されている

代表者名と会社の住所が書いてあるかを必ず確認

まず、当然の話ではあるが、ホームページの会社概要に「代表者の名前」と「会社の住所」がちゃんと記載されているかを確認しよう。
 

会社の住所に関しては、ちゃんとgoogleマップなどで確認したほうが良い。
 

単純な話だが、優良業者かどうか見分ける重要なポイントの一つだ。
 

悪質な詐欺クレカ現金化業者のHPには、こうした会社の情報が記載されていない場合がほとんど。
 

意外と見落としがちなので、必ず「代表者名」と「会社の所在地」は確認しよう。
 

創業年数がある程度長い。できれば5年以上。

創業年数が長いクレカ現金化業者を選ぶこと

「会社の創業年数」が明記されているかどうかも、優良業者かどうかを判断する一つのポイントだ。
 

なぜかというと、悪徳クレカ現金化業者というのは、ある程度したらすぐに社名を変えるので、創業年数が長くなることはないのだ。
 

そのため、それなりに長い年月で営業しているのであれば、「ちゃんと運営されている」ということになるのだ。
 

そもそも、怪しいクレカ現金化業者の場合、会社の創業年数が明記されていないことが多い。
 

創業から1~2年も経っていないようなクレカ現金化業者は要注意だ。
 

逆に言えば、創業から5年以上経っているようなクレカ現金化業者は、実在する優良クレカ現金化業者だと言えるだろう。
 

できれば、創業10年以上のクレカ現金化業者がお勧めだ。

 

電話番号が携帯の番号ではなく、固定電話

電話番号が携帯の番号ではなく固定電話

クレカ現金化業者のお問い合わせ先の電話番号が「固定電話か?携帯電話か?」というところは、必ず確認しよう。
 

普通に考えて、事務所を構え「事業」として運営しているクレカ現金化業者であれば、問い合わせ先の電話番号は「固定電話」であることがほとんどだ。
 

お問い合わせ先の電話番号が「携帯電話」の場合、事務所を持たない怪しいクレカ現金化業者であることが多い。
 

その理由は簡単だ。
 

悪徳詐欺業者は、何か問題が起きてもすぐに逃げられるように、固定の事務所も固定電話も持たないようにしているのだ。

 
 

…以上、もし悪徳詐欺業者に騙されたくないのであれば、上記の3つを必ず確認することをお勧めする。

この3点を満たしていれば、高確率で優良なクレカ現金化業者といえるだろう。

また、詐欺業者に段差れないためにも、下記の「悪徳クレカ現金化業者の詐欺手口」についても読んでおいてほしい。

⇒覚えておきたい!悪徳クレカ現金化業者はこんな手口を使ってくる!

 

クレカ現金化は違法ではなく逮捕されることもない

クレカ現金化は違法ではないし逮捕されることもない

初めて「クレカ現金化」と聞くと、「そもそも違法じゃないの?」「逮捕されるんじゃないの?」と心配になる人がほとんどではないだろうか?
 

ここでは、「クレカ現金化の利用は、法律的に安全なのか?」ということについて詳しく説明していこう。
 

まず結論から言うが、「基本的にクレカ現金化は違法ではないし、クレカ現金化してもアナタが逮捕されることはない」と断っておこう。
 

つまり、「あなたがクレカ現金化しても安全である」ということだ。
 

この「クレカ現金化」というのは、要するに「転売」に近いものだ。
 

商品買取方式に関しては正に「クレカ決済を使った転売」であり、リサイクルショップや質屋などで転売しているのと根本的には同じだ。
 

また、キャッシュバック方式に至っては、「クレカ現金化業者の売っている商品をクレカで買い、キャッシュバックされる」だけなので、ただのショッピング(買い物)である。
 

「スマホの本体を買うとキャッシュバックされる」というのと同じなのだ。
 

メルカリやヤフオクで転売したり、スマホ本体を買ってキャッシュバックでお金をもらうと、違法になるだろうか?
 

そんなことにはならないだろう。
 

このように、「クレカ現金化」という行為に対しては、現在の日本国の法律では取り締まる法律はないため、合法なのである。
 

もちろん、クレカ現金化業者は「中古品買取業者」として公安委員会の許可を得ているし、「古物営業法」や「景品表示法」に則り運営しているので、法律違反になることは一切ない。
 

そして、仮に業者側が何か違反を起こし、営業停止・逮捕されたとしても、利用者であるアナタは逮捕されることは一切ない。
 

現実的に、今までクレカ現金化の利用者が捕まったことは一切ない。
 

ただし、上記でも述べたが、クレカ現金化業者の中には「違反」を犯し、逮捕された業者もいる。
 

また、利用者側は逮捕される可能性はゼロに近いが、少なからずリスクがあることは否めない。
 

そのため、クレカ現金化をする際にはコチラのページを必ず読んでおくことをオススメするクレカ現金化は違法じゃない?逮捕される危険性は?

 

即日現金化する前にチェック!クレカ現金化のデメリット!

クレカ現金化の4つのデメリット

急な出費でお金に困ったときや、即日で現金が必要になったときに頼れる「クレカ現金化」だが、デメリットも少なからずある。
 

デメリットを理解しておらず、軽い気持ちでクレカ現金化して、のちのち苦労する人も意外と多い。
 

そうならないためにも、ここではクレカ現金化のデメリットについて詳しく説明していこう。

 

クレジットカードが利用停止になる可能性がある

クレカ現金化をするとカード利用停止になりやすい

クレカ現金化をする上での最大のリスクは「あなたのクレカが利用停止になることもある」ということだ。
 

主に「商品買取式のクレカ現金化」をした場合、利用停止の危険性は高くなる。
 

商品買取式のクレカ現金化は、「換金率の高い商品(高額で売れるもの)」を購入しなければならない。
 

具体的には、「ブランド品」「人気のゲーム機」「新幹線の乗車券」「amazonギフト券」などだ。
 

こうした換金率の高い商品というのは、どのクレジットカード会社も厳しくマークしている。
 

要するに、クレジットカード会社に「換金率が高い商品を購入しているから、クレカ現金化を目的としている可能性があるな」と目を付けられてしまうのだ。
 

そうした換金率の高い商品を大量に購入したり、頻繁に換金率の高い商品を購入すると、高確率でクレジットカードが利用停止になるのだ。
 

ただし、これは「商品買取方式」の場合であり、基本的にキャッシュバック方式のクレカ現金化であれば、クレカが利用停止になることは少ない。
 

なぜなら、「クレカ現金化業者の取り扱い商品」を買い物しているだけであり、転売目的ではないからだ。
 

さすがにクレジットカード会社も、これだと文句がつけられないのだ。
 

ちなみに、一度クレジットカードを利用停止にされると、信用情報機関に記録されてしまうため、次にクレカを作ることがかなり難しくなる。
 

なので、クレカ現金化をする際は「キャッシュバック方式」がおすすめだ。

 

簡単に現金を作れてしまうので、多重債務に注意

カード返済で借金地獄に陥る場合も

仕組みさえ理解できれば、クレカ現金化は誰でも簡単にできる。
 

面倒な審査もないし、クレカのショッピング枠さえあれば簡単に現金が作れてしまう。
 

ただし、それが「落とし穴」でもある。
 

多少お金に困るようなことがあっても「クレカ現金化すればなんとかなる」とクレカ現金化を多用したせいで、クレジットカードの請求が膨らみ、支払いができなくなってしまうパターンだ。
 

こうなると、あっという間に多重債務に陥る。
 

借金を返すために借金をして、どんどん借金ばかりが増えていく。
 

そんな借金地獄に陥らないよう、クレカ現金化の利用は計画的に行おう。

 

カードローン・キャッシングよりも手数料が高い

クレカ現金化の手数料はカードローンよりも高い

クレカ現金化というのは、カードローンやキャッシングの金利や利息に比べると、手数料が高めである。
 

「クレカのショッピング枠が10万円あるから、10万円現金化できる」…というワケではない。
 

仮に「換金率が85%」だとすると、10万円分のショッピング枠を利用しても、現金化できるのは「8万5千円」だ。
 

そこから別途手数料などが引かれるので、おおよそ8万円ぐらいしか現金化できないだろう。
 

つまり、10万円現金化したら8万しか返ってこないので、「手数料で2万円」ほど持っていかれたことになる。
 

これをカードローンやキャッシングの利息で置き換えると、国の定めた法定金利以上の金額になってしまうのだ。
 

ただ、クレカ現金化は「貸金業」ではないため、この手数料をとっても違法にはならない。
 

しかし、クレカ現金化は「信用情報」や「返済能力」は関係ないので、無職やブラックリストに載っているような人でも、条件を満たせば現金を作れるというメリットがある。
 

手数料が高いのを理解した上で、上手にクレカ現金化を利用するのがベストだ。

 

詐欺まがいの悪徳業者も少なからずいる

クレカ現金化業者の中には悪徳詐欺業者もいる

残念ながら、クレカ現金化業者の中には「詐欺を目的とした悪徳業者」も存在する。
 

そのため、よく考えず「甘い謳い文句」に釣られ業者を決めてしまうと、詐欺被害にあってしまうこともある。
 

お金がないからクレカ現金化しようとしたのに、さらに詐欺でお金をだまし取られたら、まさに「泣きっ面に蜂」だ。
 

■本当に会社が存在しているのか?

■どれくらいの創業年数か?

■代表者名や住所はちゃんと書かれているか?

…といったことは必ず確認しよう。

 

また、下記のページで悪徳詐欺業者の手口もちゃんと確認しておいたほうが騙されにくいだろう

⇒覚えておきたい!悪徳クレカ現金化業者はこんな手口を使ってくる!
 

しかしながら、ちゃんとまじめに営業し運営している優良クレカ現金化業者もちゃんといることは事実だ。
 

ネット上で「クレカ現金化で詐欺被害にあった」という記事が多数存在するが、それはきちんとクレカ現金化業者を調べなかっただけで、自業自得ともいえる。
 

同じような過ちをしないためにも、信用できる優良クレカ現金化業者を選ぼう。